何故 便秘はいけないの?

便秘

◎体質だから仕方ない     ◎たまに出るから大丈夫

◎病院の薬を飲んで出るから便秘症じゃないわ

このように思っている方、便秘は病気のもとや、太る原因になるという認識をしてくださいね。

腸内に便が溜まっていると、新しく腸内に入ってきた食べ物の消化吸収を妨げます。また毒素や老廃物が溜まり腸内の環境を悪化させてしまいます。腸に溜まった毒素が血液をドロドロにし血流を悪くしますので、栄養や酸素が細胞に届かなくなり、代謝が悪くなり太りやすい原因にもなります。また、腸内で便が腐敗すると臭くなり、有害物質がたくさん作られます。臭い物質や有害物資は、血液に溶け込み全身に巡ります。それが加齢の原因になったり、肝臓での解毒作用の負担が増えたり、ガになる確率も高まります。

便秘薬を飲めば出るでしょう。でも年々薬の量が増えてしまったり、腸壁も弱ります。根本的な改善には繋がりません。

便秘の改善には、腸内菌のバランスを整え腸内環境を良くすることが大切です。簡単ではないかも知れませんが毎日の食生活、生活習慣の見直しも必要です。またサプリや漢方薬も役立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする