「老人性白内障」の原因解説と改善方法

白内障は多くの人が発症する目の病で多くの人が加齢と共に発症します。白内障にかかる最も大きな原因は加齢という名の老化現象で、年齢を重ねるごとに目への活性酸素の蓄積が白内障を発症させます。白内障は重症化してしまうと外科的処置が必要になりますが、軽度であったり未発症の場合は活性酸素と上手に付き合うことで予防が可能なのです。

この記事では白内障になる仕組みとケアについて皆様にシェアさせて頂きます。

1.白内障とは

白内障とは水晶体が白く濁ってしまうことで視覚的障害(視力の低下)が起こる目の病です。白内障は老人に多い症状で視界が白くぼやけたり、見えにくくなるため徐々に私生活に支障が出てしまいます。

水晶体の働き

白内障を誘発する水晶体は「前嚢・皮質・核・後嚢」という4つの部位で形成されており、主な役割としては目の中でカメラのレンズのような役割を担います。
本来は外から光を集めてピントを合わせる働きをしますが、白内障によって白く濁ることで光が網膜(スクリーン)に届かなくなってしまい視覚障害を起こします。

白内障の症状

  • 前/後嚢が濁る
    水晶体を挟む前後の透明な膜層が白く濁ってしまう「前・後嚢白内障」は水晶体の前後の表面中心付近が濁るため視野が奪われやすいです。

  • 皮質が濁る
    水晶体の皮質が白く濁る「皮質白内障」は視野がぼやけるという症状が一般的で進行は比較的緩やかです。

2.白内障の種類と原因

白内障の主な原因は「加齢」と言われています。加齢とはすなわち老化現象のことで、白内障を発症するにはある程度の長い年月が必要ということなのです。この長い期間を経て眼の水晶体が白く濁り視野が奪われてしまいます。

白内障の内訳

  • 加齢性白内障
    一般的に最も多い白内障です。加齢による活性酸素の蓄積によって水晶体がダメージを受け白内障を引き起こします。
  • 病理的白内障
    病「疾患・治療薬」に関することが原因で白内障を誘発するものが病理的白内障で若い方でも白内障になってしまうことがあります。
  • 先天性白内障
    先天性とは生まれつき持っているなど、原因の回避が難しいことを指します。つまり若い方に多いのがこの先天性白内障なのです。

  • 外傷性白内障
    目の怪我によって発症する白内障のことです。この場合、目の怪我を放置しないですぐに治療を行うことが外傷性白内障を防ぐ最善策です。

主な白内障の原因

一般的に白内障の多くは老化現象と呼ばれています。そして老化の実態は体に蓄積する活性酸素によるもので活性酸素が目にダメージを与えてしまうのです。

老化現象の進行

加齢とは、すなわち老化現象のことで、生命加盟活動を長年営むことで体の細胞
が老化していくことです。この老化と密接に関わっているものが「活性酸素」です。

活性酸素の蓄積

活性酸素は日々の生命活動で必ず発生するものですが、加齢と共に体内への蓄積量が増加してしまいます。歳を取ると白内障になりやすいのは正に活性酸素が増えてしまうからなのです。

3.白内障の治療方法

白内障の治療方法は私生活に支障が「有る・無し」で大きく別れます。一般的には支障がある場合は病院での外科的処理を行い、支障が無い場合は様子をみることが多いです。しかし支障が無い頃から白内障の予防を行うことがとても重要なのです。

目の治療「点眼薬・目薬」

白内障治療の方法と度合い

  • 私生活に支障が無い
    白内障が進行している水晶体を元に戻すことはできないので点眼薬にて進行を遅らせることが一般的です。しかし白内障は体の中から来る病なので点眼薬だけでは不十分と言えます。
  • 私生活に支障が有る
    白内障が重症化し日常生活がままならなくなると日々の生活そのものに危険が生じます。この場合病院でも手術により濁った白内障を取り出し人工の眼内レンズを入れます。

白内障を防ぐセルフケア

白内障は長期にわたる紫外線の影響や加齢による活性酸素の影響によって発症します。長期使用の目を労わることと活性酸素の蓄積を防ぐことが根本的な治療となります。

目の栄養の供給

目は日々の映像を取り入れ常に私たちに情報を与えてくれます。つまり常日頃酷使され続けているのが目なのです。過労気味な目を労わるには目にとって効果的な栄養環境を整えてあげる必要があります。重要なことは「酸素・栄養」とこれらを運ぶ血流を改善することです。

活性酸素の除去

目がダメージを受ける大きな要因が紫外線です。紫外線を浴びることで目に活性酸素が溜まると目にダメージが蓄積します。この蓄積が後の目の病の大きな原因となってしまうので目を紫外線から守ることと体内の活性酸素を除去することが目を守る最大限のケアなのです。

漢方の松喬堂お問合せ

 

 

漢方の松喬堂

 

お電話はこちらから
0120ー211ー453

 

お問合せフォームはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする