「冷えは万病の元」女性に多い冷え性の改善

冷え(冷え性)と言われてもなかなかピンと来ない人もおられると思います。それは病気でも無いですし、自分ではなかなか気が付かない症状だからです。しかし一方で「冷えは万病の元」と言われるように、徐々に体にとって良く無い状態を作り出してしまうことも事実なのです。冷えを一言で表すと「血液の流れが滞っている状態」です。この状態を改善することで体や健康にとって良い環境が整います。

 

この記事では「冷え」について詳しくお話させて頂きます。

 

 

1.冷え性とは

冷えや冷え性と呼ばれる状態は、血液循環の滞りによって身体中の体温が下がってしまっている状態です。本人が体感できる症状としては手足が冷たい、お風呂に浸かると体の中が冷んやりと感じるなどがあります。

 

 

体温が下がる仕組み

身体中が冷えてしまうメカニズムとしては血液の流れが悪い状態が冷えを招きます。

体内には地球を2周半ほどの長さの血管が、隅から隅まで通っています。この血管に血液が淀みなく流れ続けることで体温がムラなく隅々まで届けられています。

しかし、全体の血流が低下したり、局所的に血液の流れが悪くなると血液循環が良く無い所の体温は低下してしまうのです。

 

 

 

2.冷え性の原因

冷えの原因である、血液循環の低下は主に、血液中に含まれている「ヘモグロビン」というタンパク質の劣化と自律神経の調整作用によって起こります。つまり1つは体内に原因があり、もう1つは環境に原因があるということです。

 

 

血液の状態の悪化

血液は「赤血球・白血球・血しょう」などで構成されています。このうち血液の流れに大きな影響を与えるものが赤血球(ヘモグロビン)です。

ヘモグロビンは身体中へ酸素や栄養素を運ぶという働きを行なっています。このヘモグロビンの運動性が低く、状態が良く無いと隅々にまで栄養を運ぶことができず血液の流れも滞ってしまいます。

ヘモグロビンのサイズよりも細い毛細血管にも入るために「赤血球変形能」と呼ばれる形状変更を有するのも特徴です。

この変形能や運動性能が低下したヘモグロビンだと血液循環が滞り、体の隅々まで酸素や栄養素も運べず、冷えを誘発してしまいます。

 

 

環境の影響による血液循の低下

冷え性には血液の状態による冷えと、生活環境の影響を受けて冷える2通りがあります。

環境による冷え性を引き起こしてしまうのは、自律神経の働きによるもので、血管の収縮作用が関係しています。

例えば、夏場に冷房を効かせすぎると、寒冷刺激によって自律神経が血管の収縮させます。その結果、血液の通り道そのものが狭くなってしまうので血流は滞ってしまいます。

冬場の薄着にも同様の状態を招くことが安易に予想できると思います。

 

 

 

3.冷えは万病の元

体が冷える、つまり血液循環が滞ってしまうことが万病に繋がることには明確な理由があります。それは体温が下がると確実に免疫力が低下してしまうからです。

PMSイメージ画像

 

 

免疫力の低下

血液の状態、特にヘモグロビンの状態が悪いと血液の流れを阻害し血流が滞ります。さらに環境的な冷え要因も手伝うとなお冷え性になりやすいです。

このような血液循環が滞ってしまう状態になると、暖かい血液が全身を巡らないので体温は低下してしまいます。

体温、特に深部の温度が低下してしまうと、常に体を守ってくれている免疫力が低下します。

免疫力が低下してしまうと、風邪をひきやすくなったり、些細なことで体調を崩しやすくなる傾向にあります。

 

 

睡眠状態の悪化

睡眠は人が生きていくために必要な生命活動の一つです。しかし、冷えを患ってしまうことで睡眠に悪い影響を与えてしまいます。

睡眠は「寝つき→ノンレム睡眠→レム睡眠」という順序で起きますが、冷え性の方は「寝つき」に影響を及ぼします。

寝付く時に人の体は深部(体内)の熱を手足の先から放出することで内臓を休め睡眠に入りますが、冷えを患っていると体温調節がうまくいかないので寝付きが悪くなります。

冷えを改善するだけで、すっと眠れたりより良い睡眠を得られるのはこのためです。

 

 

 

4.冷え性を改善するには

冷えを改善するには「血液(ヘモグロビン)の状態を改善する」ことと「冷えを助長させる環境を改善する」ことです。特に後者の環境の方はセルフケアでの改善も容易です。

 

 

血液の質を改善する

ヘモグロビン(赤血球)は120日サイクルで「生産→破壊→生産」を繰り返しています。このヘモグロビンで重要なことは変形能をしっかりと発揮できるコンディションを保つことです。

ヘモグロビンはただ流されているだけではありません。変形するにあたりしっかりとエネルギーも使っているのです。

ヘモグロビンのコンディションを保つには「アミノ酸・鉄分・葉酸・ビタミンB12」という成分が必要になります。

 

 

冷える環境を改善する

夏場の冷房をやめるという話ではなく、必要な時以外は体を冷やしてしまう要因を減らしましょうというお話です。

例えば、冷たい飲み物は体内から冷やしてしまいますので、なるべく暖かい飲み物を飲むことをオススメします。

そして空調に関しても、ちょうど良いと感じる温度から1〜2度は高めに温度設定することをオススメします。

就寝時も、常にエアコンをつけるのではなく、数時間後にオフになるようにタイマー設定を行うとなお良いです。

入浴に関しても、シャワーで済ませるのではなく、お湯に浸かり体を温めると血管が拡張し血液の流れが良くなりますよ。

頑固な便秘「タイプ別改善方法」をご紹介

便秘に悩んでいる方は多く、特にダイエットを行なっている方や女性の方、ご年配の方に便秘症状は起こりやすいです。どれも同じ便秘だからといって気軽に使える「便秘薬=刺激性下剤」を多用すると便意をお薬無しでは感じなくなり自然な排便が難しくなってしまいます。大切なことは「ダイエット・女性・ご年配」それぞれの便秘原因に対しアプローチを行い内から改善することで自然な排便を促すことです。

この記事では便秘のタイプ別の原因と改善方法を皆様にお話させていただきます。

 

 

 

1.便秘の割合が多い人たち

便秘に悩みやすい人たちの種類は「女性・年配者(男女)・ダイエッター」となります。女性には性別から来る便秘要因があり、年配者は加齢による便秘要因存在します。そしてダイエットを行なっている人は食事制限による便秘要因があります。

 

 

女性の便秘原因

女性の便秘を引き起こす要因はいくつか存在します。一つは多くの女性が持つ「恥ずかしい・我慢しよう」などの感情です。

排便に対しネガティブな感情を持つことは便意を消失させることに繋がってしまうので排便に大きな影響を与え便秘になりやすいのです。

そして女性は出産できる体を持ちます。これはエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンを持つことを意味しています。

女性ホルモンは排卵するタイミングでプロゲステロンの比率が大きくなります。このプロゲステロン(母親になるためのホルモン)優勢の状態になると腸管内の水分が不足傾向になるため便秘になりやすいのです。

これは女性の身体は妊娠すると流産を避けるため、いきみを抑制するために働くため便秘になりやすいことと同じ作用です。

 

 

年配者の便秘要因

高齢になると途端に便秘が増えるのが男性です。高齢になると男女の便秘比率が似たような推移を示すようになります。

これは女性はもともと便秘体質が多いですが、加齢と共に男性も便秘体質に変わっていくということです。

高齢者の便秘には複数の原因があり「筋力低下・食事量低下・血流低下」など複数の機能が低下することで便秘になってしまいます。

 

 

ダイエッターの便秘要因

ダイエットを行なっている方の多くは便秘になってしまう傾向にあります。

ダイエットで便秘になる理由は食事制限を行うからです。ダイエットの正しい食事制限は「糖質制限」と「カロリー制限」ですがそれぞれで便秘原因が異なります。

糖質制限は腸内環境の悪循環化による便秘を誘発し、カロリー制限は食事量低下による便秘を誘発します。

 

さらに詳しく便秘の仕組みを知りたい方は便秘はダイエットの大敵「仕組み」を解説をご参照下さい。

 

 

 

2.便秘を患っている方が持つ共通の原因

便秘には人それぞれに種類があることをお話しました。便秘の種類や原因は違っても多くの方に共通している便秘原因も存在しています。多くの方に共通している便秘原因は「腸内環境」です。

 

 

便通と腸内環境(腸内細菌)の関係性

腸内には無数の菌類が生息し、日々私たちの健康を支えてくれており、腸内細菌は排便に対しても大きな影響力を持っています。

腸内細菌を大きく分類すると「善玉菌・悪玉菌・日和菌」の3つに分けられ、多くの場合善玉が多い(善玉優勢)か悪玉が多い(悪玉優勢)に分かれます。

日和菌は優勢の菌に加勢して働くという特性を持つので善玉優勢であれば良い働きを、悪玉優勢であれば悪い働きを行います。

お通じが良い人の腸内環境は善玉菌優勢で、便秘の方は悪玉菌優勢の腸内環境であることが多く、悪玉菌が多いと便秘になってしまう理由は腸内で有毒なガスが発生し排便を阻害してしまうからです。

 

 

 

3.便秘のタイプ別改善方法

便秘率が高い「女性・高齢者・ダイエット」の便秘改善方法は、女性であれば気持ちのコントロールとホルモン変動に対する行動、高齢者であれば低下しつつある機能の改善、ダイエットでは各食事制限のデメリット対策を行います。そして共通項である「腸内環境の改善」も大きなポイントです。

 

 

女性に多い便秘の改善方法

  • 気持ちの問題
    便意を自ら抑える行為、すなわち排便に対する「恥じらい」などのネガティブな感情が排便に重要な便意を消失させてしまいます。なので便意=チャンスと捉え便意を感じた時にトイレに行くように習慣をつけましょう。
  • ホルモンバランス
    女性にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがあり、排卵に伴うプロゲステロン優勢時に便秘になりやすいので、ご自身のタイミングで水分を多く摂取し便の水分不足を改善しましょう。
  • 冷えの問題
    女性に多い症状の一つとして「冷え」があります。冷えとは冷え性のことで、主に体内下腹部の冷えが腸管の働きを低下させ便秘を誘発します。冷えの原因は血流の悪化によるものなので血液の流れを良くすることで冷えを改善し便通を改善します。

 

 

年配者の便秘の改善方法

  • 水分/繊維を多く取る
    年配者の弁は硬く小さいことが多く、これは食事量の低下によって便の量が減り、腸内で排便できず停滞するためです。筋力も低下しているので、排便を促すには水分と繊維を多く摂り便の潤滑性を上げてやる必要があります。
  • 血行の改善
    年配者の多くは血行が良くありません。血行が悪くなると腸管への血液循環も悪化してしまうので腸の働きが悪くなってしまいます。年配者の便秘の改善には漢方を用いて血流を改善することで排便を促すと効果的です。

 

 

ダイエット中の便秘改善

  • 糖質制限の場合
    糖質制限を行うと脂質/タンパク質過多の食事内容により腸内環境が悪化し便秘になってしまいます。糖質制限を行う場合には善玉菌を増やす乳製品や発酵食品を食べること、不足しがちな食物繊維(不溶性/水溶性)をしっかりと取ることで腸内環境を改善します。
  • カロリー制限の場合
    カロリー制限は食事量が減ってしまうことで便の量が少なくなります。この便の暈が便秘原因となるので、便の暈が増えるように食物繊維を豊富に摂り、便を膨張させると排便が起きやすくなります。

 

 

全ての便秘に共通する腸内環境改善

腸内環境の悪化は便秘に直結してしまい、現代社会の食文化に伴い多くの方の腸内環境が悪玉菌優勢だと言われています。

腸内環境を善玉菌優勢にするには、善玉菌を取り入れることと、善玉菌を育てるためのエサ(繊維/オリゴ糖)を摂取することです。

そして腸内環境を悪化させた食習慣を含む生活習慣を改善することで、あなたの腸内環境は理想的な状態になります。

腸内細菌は代謝にも深く関わっていますので、ぜひ善玉菌優勢の腸内環境を整えて健やかな生活を送ってください。

便秘はダイエットの大敵「仕組み」を解説

こんにちは滋賀で漢方の松喬堂を営む木本です。松喬堂は便秘の改善を得意とする漢方薬店です。女性やダイエット中の方に起こりやすい「便秘」は生活習慣が影響し便秘体質になることが多く、大きな原因としては「精神的なこと・食生活のこと」があります。

 

この記事では、便秘の仕組みを皆様にシェアさせていただきます。

 

 

1.排便の仕組み

正しい排便のサイクルは規則正しい生活のサイクルから生まれます。決まった時間に食べ物を摂取したという刺激が臓器に伝達されることで便意を感じます。この便意が、排便を促すための腸の動き「ぜんどう運動」というものです。

 

 

規則正しい食生活

排便に対し有利に働く食生活が規則正しい食生活です。「規則正しい」に含まれる意味合いとしては「規則正しい時間=タイミング」と「規則正しい量=食べ物の量」の2つがあります。

まずタイミングに対しては、毎日決まった時間に食事をすることで「摂取→消化→便の製造」という規則性を作り出し、決まった時間に便意を起こすという狙いがあります。

この排便に対し有利に働く「習慣」がとても大事で、旅先で便秘になる方が多いのは習慣の変化によるものが多いのです。

 

 

排便に適した便の量

規則正しい食生活の続きである、食べ物の量がすなわち便の量に繋がってきます。食べる量が少ないと便の量も少なくなり、食べる量が多くなると便の量も多くなります。

便の量は、便意として感じる「ぜんどう運動」を起こす一つの要因で、そのメカニズムは便によって大腸へ圧力(刺激)を与えることで排便を促すのです。

つまり食べる量が多い人は便の量も多くなるので、大腸への刺激も増え排便回数も多くなりますが、食べる量が少ない人は大腸へ刺激を与えられる便の量を作り出すことに時間がかかるため排便回数が少なくなってしまうのです。

 

 

便意=ぜんどう運動

上記の規則正しい食生活による「タイミングの習慣」+「適正な食事量」が整うと、決まったタイミングで便意=ぜんどう運動が起こるので快便習慣が得られます。

しかし、便意というものは精神的な影響(恥じらい)を受けやすく、便意を消失させてしまうことも可能なのです。

つまり、便意を感じた時に排便しておかないと排便のタイミングやサイクルが狂ってしまうので「生理現象」と割り切り便意を感じたらチャンスと思いましょう。

 

 

 

2.ダイエットと便秘の関係性

ダイエットを行うと便秘になってしまう方は多くおられます。実際に松喬堂でダイエットされるお客様にも便秘になってしまう方もおられ、松喬堂なりの体質改善で便秘を改善してきたことが何度もございます。

 

 

ダイエット時に便秘になりやすい理由

ダイエットには大なり小なり「食餌制限」が付き物で、世の中の減量効果が見込めるダイエットには必ず「糖質制限」か「カロリー制限」のどちらかの食事制限が組み込まれています。

食餌制限が組み込まれる一番の理由は脂肪分解を促すためですが、ことダイエットを頑張りすぎるあまり、食事量を減らし過ぎてしまう方がおられます。

こうなると便の量が足りなくなり、便意=ぜんどう運動が起こる頻度が減ってしまうので便秘になりやすいのです。

 

 

 

3.食事制限による便秘の仕組み

ダイエットに付き物の食事制限で便秘になる仕組みですが、食事制限の種類によって便秘原因が異なります。結論から申し上げますと糖質制限は腸内環境の悪化による便秘を起こし、カロリー制限は便の量が減ることで便秘を起こします。

 

 

カロリー制限による便秘の仕組み

カロリー制限はもっともポピュラーな減量方法で、カロリー制限の代表格は置き換えダイエットです。

置き換えダイエットは1日3食の食事の内。1食を低カロリーな物に置き換え総摂取カロリーを少なくするダイエットですが、一般的には1食をドリンクに置き換えるため便の量の減少し、便秘を引き起こします。

 

 

糖質制限による便秘のメカニズム

糖質制限は21世紀を代表する減量方法で、1日3食の食事から糖質を除くというダイエット方法です。

糖質制限を行うことで、私たち日本人は主食である、お米腸が食べられなくなってしまいます。その結果、食物繊維と糖質が不足してしまいます。

食物繊維は便の量を増したり善玉菌のえさになるもので、糖質も善玉菌を増やすえさなのです。そして肉類など、タンパク質や資質メイン食事となることで消化に時間がかかります。

つまり糖質制限は善玉菌に劣悪な環境が形成されやすいので、腸内環境が乱れてしまい便秘を引き起こします。

 

 

今回の記事ではダイエット時に起こりやすい「便秘」のメカニズムについてお話させていただきました。

しかしダイエットすると必ず便秘になってしまう訳ではありませんので、次回の記事では便秘の改善方法をお伝えさせていただきます。

何故 便秘はいけないの?

 

便秘とは

◎体質だから仕方ない     ◎たまに出るから大丈夫

◎病院の薬を飲んで出るから便秘症じゃないわ

このように思っている方、便秘は病気のもとや、太る原因になるという認識をしてくださいね。

腸内に便が溜まっていると、新しく腸内に入ってきた食べ物の消化吸収を妨げます。また毒素や老廃物が溜まり腸内の環境を悪化させてしまいます。腸に溜まった毒素が血液をドロドロにし血流を悪くしますので、栄養や酸素が細胞に届かなくなり、代謝が悪くなり太りやすい原因にもなります。また、腸内で便が腐敗すると臭くなり、有害物質がたくさん作られます。臭い物質や有害物資は、血液に溶け込み全身に巡ります。それが加齢の原因になったり、肝臓での解毒作用の負担が増えたり、ガになる確率も高まります。

便秘薬を飲めば出るでしょう。でも年々薬の量が増えてしまったり、腸壁も弱ります。根本的な改善には繋がりません。

便秘の改善には、腸内菌のバランスを整え腸内環境を良くすることが大切です。簡単ではないかも知れませんが毎日の食生活、生活習慣の見直しも必要です。またサプリや漢方薬も役立ちます。

辛い生理痛・PMS

 

 

生理不順・生理痛・PMS

PMSイメージ画像

生理不順の改善

ストレスはホルモンバランスを乱す原因の1つでもあります。
ストレスがたまったときに発散できる方法を見つけておくことは大切です。ゆっくりとお風呂に入る、軽く運動をして体を動かす、好きな音楽を聴く、趣味を楽しむなど自分なりのストレス発散法を見つけてください。

冷え症も、生理不順の原因になっていると言われいます。冷え性の人は子宮も冷えているため、冷たい食べものや飲みものはできるだけ避けて、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。また夏は冬より体が冷えているので、シャワーだけですまさず、お風呂に浸かりましょう。適度な運動をして血流を良くして体を温めることも大切です。

 

 

生理痛の痛みの改善・緩和

痛みは、がまんせず、つらい時は無理をせずに、リラックスして過ごすようにしましょう。

お風呂やカイロで温めたり、暖かい飲み物などでお腹を内からも外から温めましょう。体を動かし血流をよくすることで、症状が軽くなることもあります。リラックスや鎮静効果などが期待できるアロマテラピーも痛みを和らげる1つの方法です。

また生理痛には何らかの病気が隠れている「器質性月経困難症」があります。この場合はしっかりと原因を調べて、治療することが大事です。

 

PMS

排卵から生理前にかけて、イライラしたり、体がだるく感じたり、強い眠気を感じたりする人も多いと思います。それはホルモンバランスの変化によっておこるPMS(月経前症候群)です。この時期はあまり無理をしないように、自分をいたわってあげる期間として・・・気持ちを切り替えることも大切です。体調は月経が来れば回復してくるので、この時期の日常生活や仕事のスケジュールなどの調節をしてみましょう。

規則正しい生活やバランスのとれた食事を心がけ、適度な運動をしたり、好きな音楽を聴くなどなど普段からストレスをためないようにしておくのもいい方法です。

 

漢方は辛い症状の改善に、血流を良くする、体内の水分の偏りをなくす、自律神経の調節するなど、「体全体のバランスを整える」ことをしてくれます。同じ症状でもその人の体質によりその人にあった薬を選びます。症状や体質の改善にも対応できるのも漢方薬の良いところです。一人で悩まずお気軽にご相談下さい。

 

 

 

辛い更年期障害の症状には漢方が安全で有効

更年期の辛い症状には自然由来で安心安全な漢方薬を使って当店では治療しています。

漢方の考え方

漢方独特の考え方に「気」・「血」・「水」という分類があります。

気のはたらきが悪くなると・・・イライラ、気分のむら、不眠

血のはたらきが悪くなると・・・血流障害

水のはたらきが悪くなると・・・むくみ、めまい、排尿困難

これらのどれかが不足したり、流れが悪くなると体調が悪くなったり、病気を引き起こしたりします。

 

漢方は安全

天然自然な生薬から作られていて、作用が穏やかで体に負担が少ないです。

 

 

 

更年期障害の症状

① 自律神経失調症状:頭痛・動悸・ほてり・発汗・血圧の変化
② 精神神経症状:不眠・イライラ感・めまい・集中力の低下・うつ
③ その他の症状:腰痛や関節痛、嘔気や食欲不振、皮膚の乾燥感やかゆみ、ドライマウスなど不快な症状がみられます。

 

 

更年期の改善法

まず、改善の基本は冷えを改善することです。体の中からも外からも温めます。夏でも、シャワーだけですまさずにお風呂に浸かることや、冷たい飲み物、食べ物の取りすぎに気を付けて頂きたいと思います。

また女性は慢性的に血が不足しています。しっかり質の良い血液を増やし全身に巡らせることです。
そうすることにより、体も温まり、冷えの改善になります。また、ホルモン分泌や自律神経のバランスに大事なのは脳にあります視床下部というところです。
血液が不足し巡りが悪くなるとその視床下部の働きも低下します。血液が増え巡りが良くなると、視床下部の働きも良くなり。更年期障害のさまざまな症状の改善にも繋がります。

更年期障害でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

0120-211-453