太る原因の一つは現代社会による運動不足

 

滋賀県野洲市の松喬堂を運営している木本順子です。「太る原因」については様々なものがあるとは思いますが現代社会の利便性がもたらす運動量の低下が太る原因の一つとなっており明らかな運動不足を招いております。

 

この記事では現代社会がもたらす運動不足の「原因・解決策」について皆様にシェアさせて頂きます。

 

 

 

肥満患者の増加

日本の肥満者数は年々増加傾向にあります。そしてその肥満は成人だけでなく実は自動穂満も増加しているのです。

 

肥満増加の要因

厚労省のHPにある肥満児童のデータ等を見ていると昔に比べて現在の肥満児の割合が増えているということが解ります。そして自動車数の増加と糖尿病患者の増加が比例して増えている事から便利な世の中になるにつれ運動量が低下し肥満児童や糖尿病患者が増えているということがわかるのです。

 

 

 

過去と現代の仕事の変化

日本がまだ発展途上だった頃お仕事の多くは身体を動かすことでしたが、現代はWEBが発達しあらゆるものが便利になりデスクワークがメインの人が増えています。

 

生活の具体的な違い

過去の日本の通勤は「徒歩・汽車」が主な移動手段で仕事は「肉体労働・製造生産」が多く常に身体を動かして生活していましたが、現代では通勤は「電車・車」で仕事は「車内でデスクワーク・車か電車で外出」が多い為身体を動かすということはあまりありません。
さらに現代の仕事や生活環境では筋肉が増える要因はなくむしろ身体を動かさないので減ってしまう環境にあると言えます。そして現代では食生活も豊になり容易にカロリーを取り過ぎてしまいます。つまり現代人は運動量の低下、筋肉量の低下、カロリーの過剰摂取、という3つの条件がかさなり非常に太りやすいと言えるのです。

 

 

 

現代人に必要なことはダイエット意識

現代人は非常に太りやすい環境下にあります。このまま太ってしまうことを諦めると身体に良くないので少しでも改善する意識をもって行動する事が便利な現代社会で健康を保つ秘訣となります。

 

大人の場合

成人であればエスカレーターよりも階段を使う、近所の買い物に車よりも歩くというかんじで少しでも身体を動かす意識をすることで1日の運動量は飛躍的に向上します。

 

子供の場合

子供であればテレビゲームばかりするのではなく外で遊ぶ習慣を身に付けることが一番簡単な児童肥満の予防方法となります。

 

 

 

滋賀県の松喬堂からのメッセージ

現代社会は太りやすい環境下にあるので肥満を防止する知識や行動が必要になって来ます。これは30代に突入する中年の方なら特に気を付ける必要があります。そしてこの知識や行動に必要なのは少しのダイエット意識だということです。

 

松喬堂式ダイエットの知識

 

・肥満の原因:どうして太ってしまうのか?何をすると太るのかなどの太る原因や行動を理解すればむやみに太らずに済みますよね。

・太る仕組み:人の身体に関して何をすれば脂肪が蓄えられるのかを理解すればそもそも太る心配は無くなりますよね。

・痩せる仕組み:太る行動によって蓄えてしまった脂肪を減らす仕組みがわかってしまえばダイエットは難しい物でもわからないものでも何でもなくなります。

 

滋賀県野洲市からダイエットで健康を伝えたい松喬堂からは今後ダイエットの知識に関して記事をアップしていきますので是非お楽しみにしてください。

当店のダイエットを直接聞いてみたいという方は下記からお問い合わせ下さい。

TEL:0120-211-453

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする