感染症や予防接種による「痛み・だるさ・咳・息切れ・疲労感」などの症状は副反応かもしれません。副反応に対する西洋医学的治療は乏しく改善が難しいと言われています。しかし、漢方なら副反応による症状を緩和できる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

副反応が起こる仕組み:副反応は免疫反応によるものです。副反応に個人差があるのは免疫反応にも個人差があるからです。副反応のような不快症状が表れる方はワクチン接種により免疫反応が過剰に反応しているのです。免疫が亢進することで体内に異物(ワクチン)を排除する活動が高まり発熱や痛みが表れます。

 

 

 

副反応の種類「局所症状:腫れ・痛みなど」「全身症状:頭痛/筋肉痛・だるさ/息切れ・寒気/発熱など」

 

 

 

 

副反応に対する病院治療:薬物療法「解熱剤・鎮痛剤」

 

 

 

副反応に対する西洋医学的治療:対処療法(鎮痛剤/解熱剤など)・東洋医学的治療「根本治療:免疫バランスの改善(漢方寛容性)」

 

 

 

 

 

 

 

生活習慣の改善と

漢方なら優しく副反応をケアできる

 

 

 

漢方(東洋医学)が得意とする副反応:痛み(長期から短期などの痛みは炎症が起こっているので漢方で炎症体質を改善)・だるさ(副反応によるだるさは新陳代謝に問題を抱えているので代謝の状態を漢方で整える)・息切れ(肺/血液からの酸素循環に問題がある為漢方で酸素吸収率を高める)

 

 

 

改善が難しい副反応に対する漢方アプローチ:痛みを抑制する「全身で免疫反応が亢進し炎症が起こっているので漢方で免疫バランスを整え炎症を改善する」・新陳代謝を整える「血液循環に問題があると予防接種のダメージからの回復に時間がかかるので漢方で血液循環を高め新陳代謝を改善します」

 

 

 

滋賀県の老舗漢方薬店「松喬堂」では

辛い副反応を漢方薬で優しく改善するお手伝いさせて頂きます。

漢方の松喬堂プロフィール

 

 

 

漢方は西洋医学とは異なる考え方を持つ医学です。西洋医学では治療が難しくても東洋医学では可能という場合があります。

 

 

 

 

 

 

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にご相談くださいね。

 

お電話はこちらから

0120-211-453

 

ラインはこちらから