西洋医学は症状を抑える対処療法

西洋医学の治療方法は病によって起こる症状を緩和させる対処療法です。中世のヨーロッパ発祥の医学であり、現在発展を遂げている現代の医療技術です。エビデンスを重視し、症状を病と捉え症状をいかに抑えるかを研究してきた学問です。つまり、西洋医学は症状を抑えることを考え発展してきた医学なのです。

1. 西洋医学とは

西洋医学とはヨーロッパを起点として発展してきた医療技術です。その治療方法は病によ
って起こる症状に対処することを目的とした薬物療法や手術療法です。

ヨーロッパ圏発症の医学

中世のヨーロッパでは真宗的な教えにより病を治すことは禁じられていました。
しかしルネサンス時代の到来により現代医学の礎となる解剖や薬の効果の検証が行われる
ようになりました。
この医療に対する動きが、後の「西洋医学」に発展を遂げ現代医学に繋がっています。

エビデンスを追い求める

西洋医学は病の症状に対し、どうすれば症状を抑えられるか?または何故症状が治まった
のか?という症状沈静化についての科学的根拠を追い求めてきた医学です。
東洋医学はどうすれば病が治るか?病の原因は何か?という原因解決の結果を追い求めて
きた医療です。
両医学発展の経緯に違いはありますが、西洋医学は症状を抑えるために科学的な検証や臨
床を重視し発展してきた医学です。

2. 西洋医学が対処療法と言われる理由

西洋医学は悪くなった患部の治癒を行う場合に「症状を抑える」ことと「治せない場合に
は取り除く」という治療を行います。何故患部が悪くなってしまったのか?という原因に
対してはアプローチしないため「対処療法」と呼ばれています。

症状のみを抑える治療

病や不調の症状は痛みや苦しみを伴うため、体感として「辛さ」を伴います。西洋医学が
得意とする治療は、この辛い症状を抑えることが多いです。

例えば風邪をひいた時に出る熱に対し、解熱剤を用います。これは辛い風邪の症状を抑え
るためです。アトピーなどの痒みに対しても「痒み」を抑える治療を行います。
しかし、症状を抑えることは得意ですが、根本的な原因へのアプローチは希薄なため対処
療法と呼ばれます。

悪化した部分を取り除く

西洋医学の治療では辛い症状を抑える医学です。
言い換えれば、辛い症状を発生させる原因(患部)に対するアプローチは「悪さをするな
ら取り除く」という治療を行います。
これは正に悪くなった部分(患部)を治すのではなく、対処を行っていると言えます。

3. 漢方には無いアプローチ方法が西洋医学には有る

東洋医学の漢方療法にはできない治療アプローチが西洋医学には存在します。それは痛み
や痒みなどの辛い症状を直ぐに押えることと外科的処置(手術)です。

悪い部分を切除する

西洋医学には悪くなってしまった患部を切除するという手術療法が存在しますが、東洋医
学には手術するという考えがありません。
東洋医学では悪くなってしまった患部の原因に対しアプローチを行う医療です。
しかし、手術が必要な局面も存在しますので、その場合は西洋医学の技術力が必要となり
ます。

辛い症状を重点的に緩和する

漢方治療の概念は「根本治療」です。辛い症状を抑えるのではなく、症状は必要だから出
ているのであって、その症状の原因を治療し改善するものが漢方であり東洋医学です。
しかし時として症状は辛く耐え難い場合もあります。その場合には西洋医学の症状を緩和
する治療がとても役に立ちます。

4. 西洋医学の治療プロセス

西洋医学(病院)での治療プロセスは、患者様の症状から疾患を確定させることから始ま
ります。工程としては「問診→検査(必要に応じて)→治療」を行います。

問診「カウンセリング」

西洋医学の問診は、ドクターとの会話によって行われます。
この時、症状について詳しく聞かれたり、近日中の生活習慣(食事内容)などを聞く場合
があります。
そして多くの場合、聴診器を使い体内の音を聞き、場合によっては患部を押えることで痛
みのポイントや以上個所を調べることがあります。

検査「精密検査」

問診によってある程度予測された疾患に対し、病状を確定させる工程が検査となります。
もちろん問診だけで判断できる軽微な症状の場合もありますが、検査が必要な疾患に関し
ては「血液検査・レントゲン・組織検査」などを行い疾患を確定させます。

治療「投薬・手術」

西洋医学では問診や検査によって断定された疾患(問題)に対し治療を行います。この治
療方法には大きく分けて「投薬治療」と「手術療法」が存在します。
病の種類や重症度に合わせて、投薬治療で改善が可能な場合は投薬治療を行います。悪い
部分を取り除く必要がある場合には、手術療法による外科的処置が施されます。

 

漢方の松喬堂では、お客様に有益な情報の配信とお気軽にご質問をお受けするために公式ラインアカウントを開設させて頂きました。

お悩みやご質問は無料ですので是非ご活用くださいませ♪

漢方の松喬堂お問合せ

 

 

漢方の松喬堂

 

お電話はこちらから
0120ー211ー453

 

お問合せフォームはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする