辛い生理痛・PMS

生理不順・生理痛・PMS

生理不順の改善

ストレスはホルモンバランスを乱す原因の1つでもあります。
ストレスがたまったときに発散できる方法を見つけておくことは大切です。ゆっくりとお風呂に入る、軽く運動をして体を動かす、好きな音楽を聴く、趣味を楽しむなど自分なりのストレス発散法を見つけてください。

冷え症も、生理不順の原因になっていると言われいます。冷え性の人は子宮も冷えているため、冷たい食べものや飲みものはできるだけ避けて、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。また夏は冬より体が冷えているので、シャワーだけですまさず、お風呂に浸かりましょう。適度な運動をして血流を良くして体を温めることも大切です。

生理痛の痛みの改善・緩和

痛みは、がまんせず、つらい時は無理をせずに、リラックスして過ごすようにしましょう。

お風呂やカイロで温めたり、暖かい飲み物などでお腹を内からも外から温めましょう。体を動かし血流をよくすることで、症状が軽くなることもあります。リラックスや鎮静効果などが期待できるアロマテラピーも痛みを和らげる1つの方法です。

また生理痛には何らかの病気が隠れている「器質性月経困難症」があります。この場合はしっかりと原因を調べて、治療することが大事です。

PMS

排卵から生理前にかけて、イライラしたり、体がだるく感じたり、強い眠気を感じたりする人も多いと思います。それはホルモンバランスの変化によっておこるPMS(月経前症候群)です。この時期はあまり無理をしないように、自分をいたわってあげる期間として・・・気持ちを切り替えることも大切です。体調は月経が来れば回復してくるので、この時期の日常生活や仕事のスケジュールなどの調節をしてみましょう。

規則正しい生活やバランスのとれた食事を心がけ、適度な運動をしたり、好きな音楽を聴くなどなど普段からストレスをためないようにしておくのもいい方法です。

漢方は辛い症状の改善に、血流を良くする、体内の水分の偏りをなくす、自律神経の調節するなど、「体全体のバランスを整える」ことをしてくれます。同じ症状でもその人の体質によりその人にあった薬を選びます。症状や体質の改善にも対応できるのも漢方薬の良いところです。一人で悩まずお気軽にご相談下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする